ペットOKの賃貸について

ペットの頭数を越える賃貸契約違反を犯すことは、可愛がっているペットを不幸に陥らせるのでルールは守りましょう。

Hot Entry
ペットOKの賃貸について

賃貸物件でペットを飼う許可が出てるなら契約通りの頭数を守る

賃貸物件でペットを飼う許可が出ていても契約で頭数が制限されることがあります。物件や管理者の判断によって頭数は様変わりします。1匹だけしか認めない所から5匹まで認める所もあります。ペットの種類によっては頭数に含まない動物もいます。頭数1匹と制限されていて猫を1匹飼っていてもハムスターは何匹も飼っても契約違反にならない例はいくつも存在します。

頭数を越えることはもちろん契約に背く結果です。これは最大の不幸です。何故なら頭数を整えるために今まで可愛がっていたペットを手放す必要が求められるからです。運良く貰い手が見つかればホット一息つけますが、貰い手が見つからなければ賃貸契約を途中解約して出ていくか、ペットを保健所に連れていくことになります。可愛いペットを保健所に連れて処分するやり方は心苦しいもので、実際に殆どのペットの頭数を越えた契約違反をした住民は解約して出ていく選択をとります。

とにかくこの契約違反はペットを不幸に陥らせる選択です。ペットを思う気持ちが強いと自覚しているならルールは守るべきです。この契約違反の多くは道端で捨てられている猫や犬を自宅にまで連れてきてそのまま飼うケースです。その動物を慈しむ気持ちは立派です。けれど、契約は契約です。契約通りに遂行する義務があります。里親制度や捨てられた動物を預かる施設もあるのでまずはそのような専門の所に連絡することが良いのではないかと思います。