ペットOKの賃貸について

ペット可の賃貸物件では他の住民達とトラブルにならないために、しつけを生後しばらくした後にしっかりとしておこう

Hot Entry
ペットOKの賃貸について

ペット可の賃貸物件に入居するならしつけをしっかりと

ペット可の賃貸物件に住むのなら、まずはペットのしつけをしっかりとするのが大事です。当たり前のことかもしれませんが、ペット可物件は賃貸物件ということで自分以外にも住んでいる方がいる場所です。だから尚更そのためにしつけをしっかりとしなくてはいけません。

しつけを行う期間は犬や猫といったペットの場合だと生まれてから一ヶ月から三ヶ月程度に行うのがよいとされています。基本的には犬や猫に限らず生後しばらくしてからやった方がいいでしょう。そして犬や猫を例としますが犬の場合はとにかく無駄に吠えないようにすることが大事です。賃貸物件で一番多いトラブルというのが騒音です。犬が吠えるのは正にその騒音となって他の住民とのトラブルになりかねない要素です。しっかりとしたペット可物件なら防音もしているので大丈夫ですが、それでもあまりにも吠えると他の住民はいい顔をしないので、とにかく吠えないようなしつけだけは絶対にしましょう。もしくは飼う品種自体をあまり吠えない犬にするというのも1つの手です。

猫の場合だととにかく壁で爪とぎをしないようにするのが大事です。ペット可物件はこういう猫が壁に損害を与えることを想定して敷金を多めに取っています。しかし爪とぎの被害が酷いとその分を超えて費用を支払う羽目に…なので自分の費用のことも考えると爪とぎを正しい場所でさせるようにしましょう。そしてそのためには爪とぎが出来るものを作る必要があります。

オススメワード