ペットOKの賃貸について

猫によっては賃貸引越し後に予防接種と去勢も大丈夫です。去勢手術後は傷が完全に塞がってからの引越しがお勧めです。

Hot Entry
ペットOKの賃貸について

飼っている猫に予防接種と去勢をしてから賃貸へ引越しました

予防接種をしていない猫はいつ病気にかかり、その病気を飼い主である私達やご近所さんやご近所さんが飼っているペットに媒介することだってあります。去勢していない猫は鳴き声がうるさく、雌猫を外に出していたらご近所さんの猫やどこかの野良猫の子供を妊娠していたというケースもあります。こうした観点をまとめると予防接種と去勢手術は必ず行うことがルールだと実感します。引越して少し落ち着いた後に猫を病院に連れて行くのも良いですが、アクティブな猫だとその間に問題ごとを持ってくるかもしれないので、猫の性格によっては引っ越し前か後に病院に連れていくかを判断します。

私達が飼っている猫は年齢が若くてすばしっこい雌猫です。賃貸へ引越した後だとアクティブな性格なので私の目の届かない所で他の猫と交流をしそうでしたので、引越し前に手術をしてしばらく入院をさせ、退院して傷が完全に塞がってから引っ越しをして、現在の賃貸で過ごしております。予防接種は一瞬ですが、去勢手術にはその後の対応も含めて時間を要します。猫が退院後にすぐ引越すことはストレスから手術の傷が開く危険性があるので避けるべきであり、時間を考慮してから引越しがお勧めです。